脱毛したいけどアトピーが悪化しそうで怖い、敏感肌でカミソリで自己処理をするたびにカミソリ負けをしてしまう、など肌が弱くムダ毛の処理に困っている方って多くて、脱毛もあきらめてしまう方もいるようです。

アトピーや敏感肌に悩んでいる方にとって、肌に刺激を与えてしまう脱毛は勇気がいりますよね。

アトピーや敏感肌の方におすすめの脱毛とおすすめできないやめた方がいい脱毛方法をご紹介します。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とはある一定の物質に対して先天的に過敏に反応して、かゆみを伴う湿疹ができてしまう疾患です。

治療の為にステロイド剤を使用していたり、掻き壊して色素沈着している場合もあって脱毛する事に不安を持っている方もたくさんいます。

アトピー性皮膚炎の方は皮膚が薄くなっている場合が多いので刺激に弱くなっています

スポンサーリンク

アトピー・敏感肌の脱毛が危険と言われる理由

アトピー・敏感肌の方は肌のバリア機能が低く、ダメージを受けやすくなっています

脱毛するには肌へダメージを与えてしまう事が多く、どんな方法で脱毛するのかが大切になってきます。

アトピー・敏感肌でも脱毛はできる!

ほとんどの脱毛クリニックやサロンではアトピーや敏感肌の方でも脱毛できます、となっています。

だた、その時の肌の状態によって違い痒みが強かったり、ジュクジュクしている時には施術できない場合もあります。

かかりつけ医の許可が必要というクリニックやサロンもありました。

脱毛したい部位にステロイドを塗っている時は?

ステロイド剤を塗っているとなぜ脱毛できないのでしょうか。

ステロイド剤を使用していると光を吸収しやすくなっているので脱毛のレーザーや光に過剰に反応してしまいます。

その結果ヤケドや色素沈着を起こしてしまう事もあります。

ステロイド剤の副作用として体毛が濃くなったり多くなる事があり、脱毛の施術をしてもこの副作用のせいで効果が感じられなくなる事もあります。

免疫力が低下する副作用もあり、肌トラブルの原因になったり炎症を起こしてしまう事もあります。

ステロイド剤の使用を停止してから2週間程度開ける事が多いですがその期間もクリニックやサロンによって違いがあります。

施術後のステロイドはどうする?

脱毛クリニックで医療用レーザー脱毛をすると施術後に炎症を抑える為にステロイド剤が配合された塗り薬が処方される事もあります。

処方される薬には「リンデロン」「デルモゾール」などがあり、使用したくない時は最初のカウンセリングの時にしっかりと伝えておきましょう。

ステロイド剤が配合された薬より抗炎症作用は弱くなりますが、非ステロイドの抗炎症薬を処方される場合もあります。

色素沈着や肌に赤みがある場合は?

色素沈着や赤みがひどい場合は施術できない場合があります。

脱毛クリニックもサロンもムダ毛の黒い色に反応する光を照射して熱エネルギーを発生させて毛根や毛母細胞にダメージを与えて脱毛するため、色素沈着で肌が黒ずんでいる時は肌にダメージを与えてしまう事もあるため、施術できなくなります。

色素沈着が薄い時は光の出力を弱めると施術できる場合もあるのでカウンセリングで相談してみるといいでしょう。

敏感肌専用サロン「ディオーネ」

敏感肌専用に脱毛サロンもあります。脱毛方法も他のサロンと違いハイパースキン脱毛というものです。

ハイパースキン脱毛とは3~4週間に1回肌にある「毛の種」に38度の特殊な光をあてて発毛そのものを予防するという方法です。

黒いものに反応する光は使用していないので色素沈着があっても施術できて、痛みも全くないそうです。

脱毛クリニック・サロンを選ぶ時のポイント

実際にクリニックやサロンに通う事にした場合、どんな事を基準に選んだらいいのでしょうか。

・肌の状態によって施術できない時もあるので期間限定のコースでは無駄になってしまう事もあります。
余裕がもてる期間のコースを選びましょう

・肌の状態が悪化して中途解約する事になってしまった時に返金してもらえるように契約前に中途解約できるか、返金してもらえるか確認しましょう。

・クリニックでは皮膚科医がいるので安心ですが、サロンの場合はドクターサポートがある店舗を選びましょう。

・最近はアトピーの方も脱毛できます、とホームページなどに載っているクリニックやサロンも増えています。
そういう店舗はアトピーの方の施術経験も豊富な場合が多いので安心できると思います。

脱毛クリニックとサロンどちらがいいか

敏感肌やアトピーの方が脱毛をする時に迷うのはクリニックとサロンのどちらがいいのかという点だと思います。

脱毛クリニックは皮膚科医がいるので安心ですが、使用するレーザーの刺激が強いので光の弱いサロンを選んだという方もいますし、常に皮膚科医のチェックを受けられるクリニックを選んだという方もいます。

どちらが合うのかは、その方の肌の状態によっても違うので無料のカウンセリングを受けたり、皮膚科のかかりつけ医がいたらアドバイスを受けた方がいいですね。

ムダ毛の処理を自分でしたい時は


携帯 レディースシェーバー サラシェ

ムダ毛の自己処理の方法には、カミソリ・除毛クリーム・脱色クリーム・電気シェーバー・脱毛ワックス・電動毛抜き・家庭用脱毛器などの方法があります。

肌に与えるダメージが全くない方法はありませんが、この中で一番肌に優しいのは電気シェーバーです。

電気シェーバーは肌に直接刃があたらない構造になっているので、肌へのダメージが一番少ないですがその方の質によってはカミソリ負けのように赤くなったり痒みがでてしまう場合もあります。

脱毛器 イーモ(emo)・ケノン!
脱毛器&美顔器、W(ダブル)でランキング1位!

家庭用脱毛器もアトピーの症状が軽度であれば使えると思います。市販されている家庭用脱毛器のほとんどが出力を自分で調節できるので低いレベルで照射していくと大丈夫だと思います。

家庭用脱毛器もサロンと同じく黒い色に反応する光を照射して脱毛するので色素沈着がある場合は使用できません

スポンサーリンク

まとめ

アトピーや敏感肌の方は少しの刺激でも痒くなったりするのでムダ毛の処理にも気を使うと思います。

一番いいのはムダ毛の処理をしない事かもしれませんが、それは悲しいですよね。

自分で処理をするよりは脱毛のプロであるクリニックやサロンに行ったほうが安心と思いますが、まずはかかりつけの皮膚科医に相談してみましょう。

スポンサーリンク