永久脱毛でもしない限り、ムダ毛のお手入れは欠かせませんよね。

しかし、ムダ毛を自己処理している限りお肌は傷ついています。

カミソリで剃ってもまたすぐに生えてくるからといって毛抜きで抜いている方も多いと思いますが、「抜く」のは「剃る」よりも肌への負担が大きいのです。

毛抜きや脱毛テープ、ワックス、脱毛器など、毛を抜く手段は色々とありますが、使い方を誤ると様々な肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

今回、ムダ毛を「抜く」という自己処理はお肌にどんな影響があるのかまとめました。

スポンサーリンク

ムダ毛を抜いても生え続けるのはなぜ?

基本的に毛を抜いてもムダ毛は生えてきます。

毛が生えてくるのは、毛根の根本にある「毛乳頭」からです。

ここから栄養が送られ、毛が成長していきます。

毛抜きでムダ毛を抜いても毛乳頭だけは残ります。

つまり、この毛乳頭がある限りムダ毛は生え続けるのです。

眉毛を抜き過ぎて生えなくなったという話を耳にしたことがありますが、眉毛は他の部位よりも再生スピードが遅いと言われています。

眉毛はメイクで毛穴が塞がれることも多いため、ゆっくりと生えてくるのです。

スポンサーリンク

ムダ毛を抜くと起こりやすい肌トラブルは?

ムダ毛が気になると、ついつい抜いちゃう方も多いのではないでしょうか。

しかし、ムダ毛を処理する際に一番やってはいけない方法が「毛を抜く」ことです。

毛を抜くと下記のような肌トラブルがあります。

毛のう炎

毛を抜くことで毛穴が広がり、そこからバイ菌が入り、皮膚が化膿したり炎症を起こしたりすることがあります。

これを毛のう炎と言います。

悪化するとしこりのように腫れあがることもあります。

皮膚を切開して膿を出す手術をしないといけない場合もあります。

傷跡が残ったりシミの原因になったりすることもあるので注意が必要です。

埋没毛

毛を抜くと毛穴が広がります。

皮膚は毛穴を塞ごうと急ぎます(皮膚の再生サイクル)。

新たなムダ毛が生えてきても毛穴が塞がれているため皮膚の外側に出ることが出来ずに皮膚の内側で横に伸びていきます。

これを埋没毛と言います。

埋没毛になると皮膚に黒いポツポツが目立つようになり、かゆみを伴うこともあります。

埋没毛になったところの毛を無理矢理抜くと、皮膚が傷つき、跡が残ったりシミの原因になったりします。

色素沈着

炎症や毛のう炎を起こした皮膚は黒ずむことがあります。

皮膚は刺激を受けると大量のメラニンを作り出します。

メラニンは刺激から皮膚を守るためのものですが、黒ずみやシミの原因になります。

毛抜きなどで肌に刺激を与え続けていると、メラニンが多く出てシミが出来やすくなります。

鳥肌のようになる

毛抜きなどで抜くと皮膚が強く引っ張られるので、ブツブツと突起したような肌になります。

こうなるとツルスベの肌からはかけ離れてしまいます。

たるみやシワ

毛を抜く際に皮膚も強く引っ張られるので、シワやたるみの原因になります。

特にまぶたの周辺の毛を抜き続けると、まぶたが垂れてくる恐れもあります。

ムダ毛を抜く際に使うアイテムと主なトラブル

毛抜き

毛抜きはカミソリについでよく使われている自己処理アイテムです。

気になった時に手軽に一本一本抜けるので便利ですが、これを繰り返していると様々な肌トラブルを引き起こす恐れがあります。

毛抜きを20年使い続けた私…毛穴が目立つようになりました。

また、埋没毛になったところの毛を無理矢理抜いていたため、足にはシミが残ってしまいました。

脱毛について調べるようになって気付いたのがお恥ずかしいのですが…

毛抜きの使用は肌へのダメージが大きいです!

毛抜きによる主なトラブル

・毛穴が広がり目立つ
・鳥肌になる
・毛のう炎
・埋没毛
・黒ずみやシミなどの色素沈着
・シワやたるみ

ワックスや脱毛テープ

ワックスや脱毛テープが肌に合わないと炎症を起こし、かゆみを伴うこともあります。

また、ワックスを剥がす時に肌の角質や潤いもとられるので、乾燥しやすくなります。

ワックスを剥がす時に痛みを感じることもあり、肌への負担も大きいです。

ワックスや脱毛テープによる主なトラブル

・毛穴が広がり目立つ
・毛のう炎
・埋没毛

家庭用脱毛器

最近は家庭用脱毛器も大人気です。

しかし、使い方を誤るとヤケドや炎症を起こすこともあります。

脱毛効果を求めるあまり、出力の高い照射をし続けたり、肌に押し付け過ぎたり、十分に冷やさなかったりした場合は、ヤケドや炎症を起こす危険性があります。

注意事項を守って正しく使うとサロン並みの効果を得ることが出来るので、使用する前に使い方や注意事項をしっかり読みましょう。

家庭用脱毛器による主なトラブル

・やけど
・炎症

肌トラブルの対処法

毛のう炎などお肌に異常が起きたら、迷わず皮膚科を受診しましょう。

治療は主に塗り薬や抗生剤などを処方されます。

埋没毛になった場合は、無理矢理毛穴をこじ開けてムダ毛を抜くのは避けて下さい。

美容外科や皮膚科で診てもらいましょう。

シミや黒ずみが出来た場合は、自分ではなかなか治すことが出来ません。

美容外科や皮膚科のレーザー治療、またはサロンの光脱毛は美肌効果がありシミにも効果的です。

ビタミンC を多く含んだ食事を心掛けましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ムダ毛を「抜く」という自己処理方法は確実に肌を痛めます。

どうしても抜かなきゃいけないときは、お肌に優しいケアをしながら処理して下さいね。

自己処理するなら「抜く」より「剃る」方がいいです。

一番お肌に優しいのは、電気シェーバーと家庭用脱毛器です。

なかなか自分でキレイに自己処理できないときは、脱毛サロンがオススメです。

多くの脱毛サロンが行っている光脱毛は、痛みを感じにくく、お肌にも優しいですよ。

最近はミュゼのように気軽に行けるサロンも増えてきたので、是非チェックしてみて下さいね。

お肌に優しい方法で一刻も早くムダ毛の悩みから解決されますように。

スポンサーリンク