ムダ毛の処理の中でもアンダーヘアの処理に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

背中の次に自己処理が難しいVIOラインの処理ですが、どんな処理方法が適しているのでしょうか。

ハサミでカットしたり、下着からはみ出る部分を剃ったり、Vラインは自分でもなんとかできそうですが、Iライン、Oラインの自己処理はかなり難しいですよね。今回は自己処理が難しいOラインの脱毛方法について調べてみました。

スポンサーリンク

Oライン脱毛は慎重に!

デリケートゾーンの中でもOラインとは、肛門周辺の部位をいいます。

自分で見ることはほとんど無いので気付かない人も多いと思いますが、大多数の人は少なからず生えていると考えられます。

しかし、自分でも見えない部位のムダ毛処理はどうしたら良いのでしょう。

スポンサーリンク

推奨! Oラインには『エステサロン』が安心!

Oラインのムダ毛処理は自己処理するには難しいので、エステサロンや専門の場所で脱毛するのが一番オススメです。

アンダーヘアの脱毛は恥ずかしいと思っているかもしれませんが、最近では多くの人がサロンでVIOの脱毛をしているので心配することはありません。

またサロンのカウンセリングでは、人には相談できないムダ毛の悩みもプロに相談できるというメリットもあります。

思い切ってOライン脱毛をするなら、ビキニラインのVラインとIラインもまとめて脱毛するのが見た目もキレイですしお得になりますよ。

脱毛サロンでのVIO脱毛が流行っているのはプロに任せた方が安心でキレイになるから

メリット

・肌ダメージやトラブルを軽減できる
・プロが処理するから安心、形もキレイに仕上がる
・長い目で見ると脱毛の方がコスパがよい

デメリット

・他人に見られるのが恥ずかしいかも

施術の部位が部位だけに、やはり他人に見られるのは抵抗があるかもしれません。しかしエステティシャンにとっては仕事なので、あまり気にしないで、脱毛が目的であると割り切って施術を受けましょう。だんだん慣れてきます。

・脱毛は痛みがあるかも

デリケートゾーンは肌が薄く、構造的に痛みを感じやすい部位です。毛が太く濃いため、エステサロンやクリニックなどのレーザーが反応しやすくなっています。しかし最新の脱毛技術では、痛みのない脱毛ができるエステサロンもあるので、不安な方はまずは体験コースなどで確かめてから始めましょう。

・サロンに行く前の自己処理が面倒

サロンでの脱毛前にムダ毛を処理しなければなりません。丁寧に行わなければならないので、意外と大変です。カウンセリング時に、自己処理方法を詳しく教えてもらえます。

アンダーヘアに『ブラジリアンワックス脱毛』をやっている人は多い!

アンダーヘア脱毛の為に生まれた『ブラジリアンワックス脱毛』は、デリケートゾーンにワックス剤を塗布し、その上にワックス脱毛専用の不織布をあてて引きはがす脱毛方法です。

ムダ毛を毛根からスピーディーに抜き取ることができるのでキレイに仕上がります。

ワックスで脱毛しきれずに残った極わずかな毛や生え際の部分はピンセットで1本ずつ抜いて整えます。

根元から抜いてしまうので次に生えてくるまでに期間がありますが、VIOラインに使用する場合はデメリットも伴うのでしっかり確認して行うようにしましょう。

メリット

・毛根から処理するので処理頻度が少なくて済む
・他人に見られないで自分でできるので恥ずかしくない

デメリット

・処理のやり過ぎは黒ずみが心配
・体の最も敏感な部分なので痛みが他の部位に比べて大きい

VIOの自己処理でやってはいけない処理方法

デリケートゾーンのVIOラインは体の中でも最も皮膚が薄く、他の部位よりも肌トラブルが起きやすいので自己処理をする場合には特に注意が必要になります。

・除毛クリーム:強い薬剤なので危険。専用のクリームもあるが粘膜に付く可能性がある。
・ブラジリアンワックス:広い範囲のムダ毛を一気に抜くため、強い痛みがある。
・カミソリ処理:肌荒れ・色素沈着・乾燥の原因に。毛先がチクチクして不快感もある。
・家庭用脱毛器:機械の出力が強すぎたり重ね打ちをするとヤケドの危険がある。

『家庭用脱毛器』での処理は自己責任で!

エステサロンでのOライン脱毛には、拡散光を照射して毛の色素に反応させる、フラッシュ脱毛が使われます。

このフラッシュ脱毛は家庭用光脱毛器を使えば自宅でもできてしまいます。

しかし、脱毛器のメーカー側は、Oラインがデリケートな部分であるという事を考慮して、Oライン脱毛への使用は認めていません

もし、使用するのであれば自己責任において出力レベルを最小にして十分に気を付けて行うようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク

あとがき

デリケートゾーンの脱毛は慎重に行って下さい。

特にIライン、Oラインは自分では見えない部位で粘膜部分の近くなので、サロンなどのプロに処理してもらうことをおすすめします。

高いイメージの脱毛サロンは最近では良心的な価格で脱毛を行うことができるようです。ぜひ調べて検討してみて下さい。

VIO脱毛処理は自分に一番あった処理方法で安心してできる方法を選ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク