家庭用脱毛器があれば脱毛サロンに行かなくてもサロンと同じような脱毛が家で出来ます。

高校生では保護者の承諾書や確認の電話など手続きも面倒で親を連れて行かなくては契約できない脱毛クリニックやサロンもありますから家庭用脱毛器はおすすめなんですよ!

学校や部活、塾など忙しくて定期的に脱毛サロンに通うのは大変ですし、近所に脱毛クリニックやサロンがない方もいますよね。

家庭用脱毛器は何を基準に選んだらいいかわからなくなるくらい色々な種類があるので、家庭用脱毛器の選び方のポイントと注意点についてまとめました。

スポンサーリンク

脱毛方法の違い

家庭用脱毛器にはフラッシュ式・レーザー式・サーミコン式があります。

一般的にサーミコン式は脱毛器と言われる事もありますが、その効果には疑問を持っている方も多いようです。

フラッシュ式

脱毛器 イーモ(emo)・ケノン!
脱毛器&美顔器、W(ダブル)でランキング1位!

ムダ毛の黒いメラニン色素に反応する光を照射して毛根にダメージを与えて脱毛します。

その後も毛は生えてきますが、ダメージを与えられた毛根からは細く弱い毛が生えてくるようになり段々と処理の回数も減っていきます。

痛みも少なく手軽に脱毛できるため、現在発売されている家庭用脱毛器のほとんどがこのフラッシュ式です。

レーザー式


トリア・パーソナルレーザー脱毛器4X

光をムダ毛に照射して脱毛するのはフラッシュ式と同じですがレーザーは毛根を破壊するので脱毛効果が高くなります

脱毛効果は高くなりますが、痛みも強く感じる方が多いようです。

レーザー式では数回照射しただけでムダ毛が生えてこなくなる方もいます。

サーミコン式


ヤーマン ノーノーヘアースマート

脱毛器の熱線がムダ毛をカットしています。

熱線でムダ毛を処理しますが肌には直接触れないので熱くなく皮膚へのダメージもなく、カミソリで剃った後のようにチクチクすることもありません。

ムダ毛を熱線で処理しているため毛が焼けるニオイがあります。

熱が毛幹を通って毛穴まで伝達し、徐々に毛のサイクルに働きかけるとありますが、脱毛効果は上のフラッシュ式とレーザー式に比べて低いです。

スポンサーリンク

照射面積の違い

フラッシュ式

各メーカーによって多少の違いはありますが、大体3cm~3.5cm×1.5cm~2cm位のものが多いです。

レーザー式

レーザー式の家庭用脱毛器はトリアのみで、トリアの照射口は1cm×1cmとフラッシュ式と比べて小さくなっています。

出力を調整できるかどうか

出力調整とはムダ毛に照射する光の強さを自分で選べるかという事です。

自分で調整できると体の皮膚が強い部位や弱い部位、ムダ毛が太く毛根が深い部位など強さを変えて照射できます。

ほとんどの脱毛器が調整できますが、段階は8~10段階とメーカーによって違います

レーザー式のトリアは5段階で調整できます。

ハンドピースの重さ

使い始めて意外と気になるのがハンドピースの重さです。

家庭用の脱毛器はこまめに脱毛する事が大切で自分で照射しますからハンドピースが重いと使い続けるのに辛くなってしまいます

「筋肉痛になってしまった」という口コミもあるくらいなので比べてみた方がいいですよ。

使用できる部位は?

自分が脱毛したいと思っている部位が使用禁止になっていたら購入する意味がなくなってしまうので使用禁止の部位があるかどうかは購入前に調べておきましょう。

光を照射するので目の周りの使用は禁止でアンダーヘアのVラインは使用できますが、I・Oラインの使用は禁止している脱毛器が多いです。

コストパフォーマンスの違い

フラッシュ式の脱毛器では本体価格が安い場合1ショットのコストが高く専用のジェルが必要だったりする場合があるので、本体の他に追加で購入しなければならないものがあるかどうかもチェックしましょう。

家庭用脱毛器は全身脱毛したくて購入する方が多いので、照射面積が広くなればなるほど1ショットのコストの違いが大きくなります

充電方法

充電方法にも違いがあります。

充電式で充電中は使用できないが、使用中はコードがないのでどこでも脱毛できるものや、充電式ではないのでコードに繋がなければ使用できないがコードにつないでいると使用し続けられるため、使用中に充電が切れてしまう事はない、などの違いがあります。

充電式のタイプでは充電のリチウム電池が切れると追加で購入しなければなりません。

見落としがちなアフターフォロー

どの脱毛器も1度の使用で完全に脱毛できるわけではなく使い続けなければならないので購入後のアフターフォローが大切になります。

故障してしまった時の修理や保証期間など確認しておきましょう。

使う時に気を付ける事

使用方法を間違えると肌トラブルの原因になってしまうので面倒ですが説明書はちゃんと読んでから使いましょう。

まず、処理をする前日や前々日にはムダ毛をシェーバーで剃っておきます

ムダ毛が長いと光を照射した時に反応してやけどしてしまう事があるからです。

一番効果があるのが2・3mm程度伸びている状態です。

照射する直前に剃ると肌への負担が大きくなってしまうのでよくありません。

実際に使用する時には必ず照射前と後に肌を冷やしましょう。

何度も処理していると面倒になってしまうので冷やし方も雑になってしまいますが、しっかり冷やしていないとヤケドして赤くなる事もあります。

スポンサーリンク

まとめ

家庭用脱毛器で今一番人気があるのはフラッシュ式の「ケノン」です。

1ショットのコスパが良く照射面積も広いので効率よく脱毛できます。

出力も10段階で変えられるので使い始めは低いレベルから始めると良いと思います。

脱毛クリニックやサロンに通う事を考えるとコスパが良い家庭用脱毛器ですが、安い買い物ではないのでしっかり比べて選んで下さいね!

スポンサーリンク