妊娠線ができないように、ケアをしていても妊婦さんのほとんどが経験してしまう妊娠線。できることならキレイに消してしまいたいですよね。「一度できてしまった妊娠腺は消えません」と言われても、簡単には諦められないですよね。お腹やお尻、胸にまでできてしまった妊娠線、何とかならないのでしょうか。100%消すことは難しいかもしれませんが、できるだけ薄く、目立たないようにしたいものです。妊娠線で困ってる方、色々と調べてみたのでぜひ参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

妊娠線はなぜできるの?

そもそも妊娠線とは、妊娠によって身体が出産の準備を始め皮膚を柔らかくします。ホルモンの変化ですね。そこにお腹の赤ちゃんが急激に成長するので皮膚がついていけなくてお腹まわりの皮膚が耐えられなくなり裂けてしまいます。お腹以外にも胸や太もも、お尻、二の腕、むくみやすいふくらはぎなど気付かないうちにできていることがあります。

スポンサーリンク

妊娠線ができるメカニズム

肌は上から表皮→真皮→皮下組織の順に生成しています。奥にある真皮という組織が裂けることで妊娠線が発生します。妊娠線ができてすぐは赤紫色をしていますが、それは真皮が裂けたばかりで内出血を起こしているからです。内出血を起こした状態の妊娠線のことを新妊娠線といいます。裂けた真皮は細胞の修復をするために白い細胞を作り出し裂けたところを補おうとします。そのため赤紫色だった妊娠線が白っぽい妊娠線に変化するのです。白くなった妊娠線を旧妊娠線といいます。妊娠線を消すためには、一度裂けた真皮はもとには戻らないので、真皮を覆っている表皮の再生を促してあげることが重要になります。

妊娠線を消す方法はあるの?

妊婦さんの約7割の方ができてしまう妊娠線は一度できてしまうと消すことは難しいです。しかし、妊娠線を100%消すことは難しですが、できるだけ薄くできる可能性はあります。妊娠線を薄くする方法をご紹介します。

妊娠線を限りなく薄くする3つの方法

これらの方法はどれも表皮を再生して妊娠線を消す方法です。妊娠線が消える結果は同じですが、妊娠線が消えるまでの期間とかかるコストが違います。

「妊娠線を消すクリーム」で保湿ケアをする

自宅でできる方法としては、妊娠線クリームを使って妊娠線を消す方法になります。妊娠線を消すのに大切なことは皮膚の表皮を回復させることです。表皮を回復させるには肌の新陳代謝を活性化させて、この新陳代謝が正常に行われるようにケアしなければなりません。妊娠線を消すのに必要不可欠な有効成分(アラントイン・シラノール誘導体・葉酸)が入ったクリームでのケアをオススメします。

おすすめ!「妊娠線を消すクリーム」

「AFCストレッチマーククリーム」

ママ・プレママ100名の声から生まれた妊娠線クリーム。「妊娠線」はもちろん、「冷え」「服へのベタつき」「香り」などママたちの悩みに答えて作られました。妊娠線予防クリームとしても使用できますが、既にできてしまった妊娠線を消すクリームとしても優れています。価格がとてもリーズナブルなので初めての方にもおすすめです。

アフターボディトリートメントクリーム「ノコア」

妊娠線のアスターケアを専門に造られたクリームです。品質にこだわり、日本人の研究者によって日本人の肌に合わせて開発されました。お腹まわりのケアだけでなくフェイス・お腹・下半身と全身に使用できます。

「ベルタマザークリーム」

徹底した成分へのこだわりのベルザクリームは『妊娠線を消す』ことも期待できる成分シラノール誘導体も配合しています。できてしまった妊娠線への効果があります。

ダーマローラーによる方法

ダーマローラーとは、長さ1.2mm位の細い針が数百本刺さっている専用のローラーを使用する方法です。針のついているローラーを患部の上で転がすことによって表皮や真皮に無数の針穴が付きますが、肌の傷を治そうとする自然治癒力を利用した治療法です。もともとは、ニキビの跡やシミなどに効果があるといわれていますが、最近では産後の妊娠線の治療にも用いられるようになりました。簡単に購入利用できるのですが、利用者からのトラブルも報告されています。安心して利用できるように、安全性と衛生状態の良いものを選び使用するようにしましょう。

レーザー治療で妊娠線を消す方法

メスを入れずに処置ができるレーザー治療は、他の妊娠線を消す方法の中で最も消す効果の高い方法です。レーザー治療は妊娠線が出来ている患部にレーザーを当て、真皮や皮下組織の再生を図るものです。レーザー治療にはコラーゲンの再生を促す効果があるともいわれており、コラーゲンの再生、皮下脂肪の分解、皮膚の引き締め効果により、妊娠線のできてしまった患部をより目立たなくさせます。そのため妊娠線の治療として用いられることも多くなってきました。治療そのものは、患部の個所によっても違いますが、短時間で終わることが多くなっているので、気軽に行うことができます。しかし副作用としてまれにレーザー照射の熱により火傷になってしまう場合があります。レーザー治療を行う場合は旧妊娠線(妊娠線ができてしばらく経ったもの、白っぽい銀色の線)になった状態のものに処置することが一般的になります。

妊娠線を消すには早めのケアが大切

妊娠線が現れてしまったら早めのケアが大切です。産後、妊娠線を速く消したい方はケアの為に保湿クリームを塗って下さい。保湿クリームを塗ることによって、妊娠線の消える速さが圧倒的に違ってきます。妊娠線は時間とともに薄くなりますが、できるだけ速く消えてほしいものです。ケアをするのとしないのとでは明らかにお肌が違ってきます。

スポンサーリンク

あとがき

妊娠線ができてから時間が経つとケアをしてもなかなか消えにくくなるので、早めのケアが大切です。しかし、授乳中や帝王切開の跡が残ってるときは治療は行えない場合もあります。妊娠線の治療を検討する際には、医師に相談しましょう。また産後は赤ちゃんのお世話でクタクタですよね。なるべく安静に身体を休めて下さい。早めのケアをオススメしましたが個人的にはまずは「妊娠線を消すクリーム」でケアを行ってみて、しばらくたっても気になるようであれば、違う方法を探してみても良いのではないでしょうか。ちなみに私は四人産みましたが、妊娠線はクリームだけであまり気にならないようになりましたよ。

スポンサーリンク